Q&A

地爪の長さはどのくらいが適正ですか?
Bambinaは柔軟性のある比較的柔らかいジェルですので、エッジの長い爪には不向きです。お客様の生活環境により適切な長さは変わりますが、3mm以下での施術をおすすめしております。
持ちはどのくらいですか?
ダメージネイルの方で2週間が接着期間の目安となりますので、基本的には2週間での付け替えを推奨しておりますが、健康なお爪の方で3週間以上もちます。
持ちをよくする方法はありますか?
基本的には、ベースジェルを薄く均一に塗布することで安定した接着性を得られます。爪の状態によっては、Bambinaベースジェル硬化後、Prestoクリアジェルを塗布することで接着期間が向上する場合もございます。
プライマーは使用しても良いですか?
Bambinaはプライマー不要のジェルシステムとなっておりますので、基本的にはおすすめしておりません。他メーカーのジェル用プライマーとの併用につきましては、お客様でのご判断に委ねております。
地爪のおうとつを埋めたり厚みを出すためにベースジェルを二度塗りしてもよいですか?
ベースジェルの厚塗りはおすすめしていません。爪表面のおうとつを埋めたり厚さを出す際には、ミキシングクリアジェルをご使用ください。
ベースジェルを硬化させた後バブルができてしまいました。
ジェルの塗布量と硬化不良、ブラシワークが原因と考えられます。塗布量の過多や十分に照射されなかった場合、気泡の入ってしまうような塗布方法を行いますと、硬化後にこのような現象が生じてしまう可能性がございます。
亀裂があった場合はどうすればよいですか?
アクリルで亀裂を止めた後、アクリルボンダージェルを塗布・硬化→Bambinaベース~の工程を推奨しております。
長さだしはできますか?
Bambinaのベースジェルはベース専用のジェルです。長さ出しはおすすめしておりません。
フィルインは可能ですか?
約2週間での付け替えを推奨しております。
オフが上手くできません。
ジェルリムーバーを10分程度浸透させた後、爪のサイドからメタルプッシャーを入れて、空気を入れるようにオフをしていきます。その際に除去しきれなかったベースジェルは、ジェルリムーバーを含ませたコットンで拭きとって頂くか、再度ジェルリムーバーを浸透させ、メタルプッシャーで除去してください。無理やりはがすような除去方法や、ゼブラファイルで削り取るような除去方法は、地爪が薄くなってしまったり爪表面を傷つけてしまいますので、ダメージネイルの原因となります。
オフの際に残ったベースジェルは残しておいても平気ですか?
ベースジェルが多少残っている状態で付け替えを行っても、問題ございません。しかし残っている量によっては、付け替えを行った際にリフトの原因となりますので、基本的にはきちんと除去をした後の付け替えを推奨しております。
カラージェルを混ぜて使用しても良いですか?
Bambinaのカラージェルどうしであれば混ぜてご使用頂いて問題ございません。その際、付属のハケではなくジェルブラシで塗布をされますと、操作性に違和感を感じる可能性(塗りづらく感じる)がございます。
Bambinaカラージェルとジェルデザインパウダーでアートすることは可能ですか?
可能です。しかし、ジェルデザインパウダーはPrestoカラージェルと使用することを目的とし、開発された商品となりますので、Bambinaカラージェルと混合をした際は混合量の調整が難しく、また操作性も変わりますので、おすすめはしておりません。
ミキシングクリアジェルの効果的な使い方はありますか?
爪表面のおうとつの段差を埋めたり厚みを出したい時、濃いカラーでのグラデーションをぼかす際などにおすすめです。
トップジェルのさらっとタイプとぷっくりタイプはどう使い分けたらよいですか?
さらっとタイプは、低粘度のジェルのため、さらっとした操作性です。そのため、薄く自然な厚みに仕上げる際におすすめです。 ぷっくりタイプは、高粘度のジェルのため、厚みのあるぷっくりと仕上げる際や、パーツやシール、グリッターなどを一度で覆う際などにおすすめです。
Prestoとの併用は可能ですか?
Prestoとの併用は問題ございません。ジェルどうしの混合につきましては、成分が異なるためお控えください。
他メーカーのジェルと併用は可能ですか?
他メーカーとの併用につきましては、お客様でのご判断に委ねております。
継続して使用していくうちに、キャップが閉まらなくなってきました。
キャップの内側やボトルネックにジェルが付着した状態でキャップを閉めてしまいますと、継続してご使用して頂く中で、閉まりきらなくなってしまうことがございます。そのような状態になってしまうことを防ぐために、使用時のジェルのしごき方にご注意頂き、使用後はボトルネックや蓋の内側に付着したジェルを拭き取ってからキャップを閉めてください。また、ボトルを寝かせたり倒した状態での保管につきましてもご注意下さい。