施術方法

プレパレーション

手指消毒後、180Gのエメリーボードで爪の形を整えます。

メタルプッシャーでキューティクルをプッシュアップし、ルースキューティクルを除去します。

180Gのスポンジバッファーでネイルプレート表面のツヤをとる程度に、全面をサンディングします。

※リフトしやすい箇所のみ180Gのゼブラファイルでのサンディングをお勧めします。

ダストオフし、ネイルクレンザーを含ませたワイプでネイルプレートをふき取り、油分・水分を除去します。

ジェルフローター

プレパレーション後、クリアジェルをネイルプレート全体に塗布します。

Presto LEDライトで硬化します。

カラージェルを全体に塗布し、硬化します。 (この工程を2度繰り返す)

トップジェルを爪全体に塗布し、硬化します。

ネイルクレンザーを含ませたワイプで未硬化ジェルをふき取ります。

キューティクルオイルを塗布して仕上げます。 完成です。

リムーブ

150Gのゼブラファイルでトップジェルをサンディングします。 (リムーバーが浸透しやすくなるよう、エッジやサイド部分もおこないます。)

ジェルリムーバーを含ませたコットンをのせます。

アルミホイルで包み、10~15分程度浸透させます。

10~15分後、アルミホイルを外しジェルが溶けているのを確認します。

ウッドスティックなどで除去します。

キューティクルオイルを塗布して仕上げます。

スカルプティングジェル

プレパレーション(フリーエッジは1mm以下)後、フォームを装着し、クリアジェルをネイルプレート全体に塗布します。

スカルプティングジェルクリアでフリーエッジを作り、硬化します。

キューティクルからフリーエッジまでの全体をオーバーレイし、硬化します。

フォームを外しピンチを入れ、Cカーブを整えます。

再度ライトに入れ、20秒照射し硬化。Cカーブを安定させます。

ネイルクレンザーを含ませたワイプで未硬化ジェルをふき取った後、180Gのファイルでアウトラインと表面を整えます。

ダストをオフした後、ネイルクレンザーを含ませたワイプでふき取り、クレンザーが完全に乾いた後、クリア〜トップジェルを全面に塗布し、硬化します。

ネイルクレンザーを含ませたワイプで未硬化ジェルをふき取り、完成です。

ジェルデザインパウダー

ジェルデザインパウダー容器付属のスパチュラを使ってパウダーとジェルを用意します。

※スパチュラは清潔な状態でお使い ください。

目安 パウダー2:ジェル1 (計量される場合は1:1)

少しずつパウダーとジェルを混ぜ合わせ、お好みの粘度調整を行ってください。

完成です。

パウダーを追加すると固めの状態になります。お好みで調節してください。

※ジェルの粘度やデザインのイメージに合わせて配合量を微調整してください。 パウダーの配合量が必要以上に多すぎると、硬化不良や硬化後もろくなります。